トップページ > ロータリー講座 > ロータリー概論 > 第10章・綱領の変遷
 
綱領の変遷

 シカゴクラブの定款・細則が定められたのは1906年1月のことでした。クラブ創立1周年の前で、起草委員に任命されたのは3名でした。すなわち、ポール・ハリスとマックス・ウォルフの二名の法律家と保険業のチャールズ・A・ニュートンでした。この3人の作業は非常に優れていたので、その表現は今日のものにもその痕跡を残しています。

第1条 会員の業務上の利益を振興すること。
第2条 性質として社交クラブに伴う親睦、その他望ましい諸点を振興すること。

 つまり会員の相互扶助と親睦がロータリーの目的でした。親睦は社交団体の共通的性格ですから、ロータリークラブの特質は会員相互扶助にあるといってもいいでしょう。これをロータリーの「互恵主義」と呼んでいる人もいます。
 それでは会員の相互扶助、互恵主義とは具体的どういうことかというと、これは会員相互の取引を義務づけたことでした。会員が石炭を欲しいといえば、シルベスター・シールから買い、洋服を仕立てたいというときには、ハイラム・ショーリーから作るといったように、会員相互が親類付合いの中で、しかも原価での取引をしていました。しかしながら、これに対して反省が与えられたのが、弁理士ドナルド・カーター事件です。2代目会長アル・ホワイトが友人のドナルド・カーターにロータリークラブ入会を勧めたところ、カーターは互恵主義の説明を聞いて、即座に入会を断りました。その理由は、この種の活動はクラブ内部の利益交換にすぎず、対社会的意義に欠けているから、これだけに終始するクラブに将来性はなく、また意義も認められないということでした。アル・ホワイトからこの報告を受けたポール・ハリスは直ちに定款改定を提案し、綱領の第3条を付け加えることになりました。

第3条 シカゴ市の利益を推進し、その市民の中に市民としての誇りと忠誠心を普及すること。

 ここに始めてロータリーは、漠然とした対社会的目的を自覚するにいたったのです。
そこで各地のクラブは、1906年1月にできたシカゴクラブの綱領をそのまま規定しましたが、唯一の相違は、第3条のシカゴ市という箇所が各クラブの所在都市名に置き換えられただけでした。
 1910年に全米ロータリークラブ連合会が結成されたとき、連合会定款に次の5ヶ条からなる綱領が採択されました。この時以降、全米ロータリー連合会が、国際ロータリー連合会と発展していきますが、定款は連合会のものと、各クラブのものとの二種類があり、それが1922年に統一され一つとなるのです。

第1条 アメリカ合衆国におけるロータリークラブの加入する組織 によって、ロータリーの原則を拡大発展せしめること。
第2条 全アメリカ合衆国内加入ロータリークラブの業務と原則を 統一すること。
第3条 市民としての誇りと忠誠を喚起し且つこれを奨励すること。
第4条 進歩的で尊敬すべき商取引の方法を推進すること。
第5条 加入ロータリークラブ個々の会員の商業上の利益を増進すること。

 この綱領で職業上の道義昂揚に着目したのは一つの進歩でした。
 1912年に全米ロータリークラブ連合会が、国際ロータリークラブ連合会となったとき綱領は次の4ヶ条にまとめられました。

第1条 ロータリーの原則を標準化し、その地方的事情に適用しうる範囲内において、全ロータリークラブがこれを採用するよう奨励すること。
第2条 世界中の全ての商業中心地にロータリークラブの結成を奨励し発展せしむること。
第3条 現存ロータリークラブの業務と所属会員及び地域社会に及ぼす価値を研究し、その得た情報を全世界ロータリーの利益のために発表すること。
第4条 親睦の高萬なる精神と、異なった市及び国のロータリアンである職業人間の利害を加盟クラブ間に推進すること。

 この時各クラブに対する共通の定款が必要となり、5ヶ条からなる模範的クラブ定款が承認されました。

第1条 全ての合法的職業の価値に対する認識を深め、社会に対する奉仕の機会を与えるものとして会員の職業を神聖化すること。
第2条 職業上の高き道徳的倫理基準を奨励すること。
第3条 意見や商取引上の方法を互いに話し合い、各会員の能率を増進すること。
第4条 奉仕の機会及び成功への道として話し合いを深めるための知識を普及すること。
第5条 社会福祉の問題に各会員の関心を促し且つ市発展のため他の人々に協力すること。

 次いで、1915年のサンフランシスコ大会においては国際ロータリークラブ連合会定款の綱領と、標準クラブ定款の両方の改正がおこなわれました。

まず国際ロータリー連合会定款の綱領は

第1条 ロータリーの原則および慣例に関する規制を造り且つこれを宣揚すること。
第2条 世界中の全ての商業中心地にロータリークラブの結成を奨励、推進、且つ監督すること。
第3条 現在のロータリークラブの業務とその所属会員及び地域社会に及ぼす価値を研究し、その得た情報を全ロータリークラブの利益のために発表すること。
第4条 ロータリアン及びロータリークラブの間に広範な友好的情報を増進すること。

 そしてクラブ定款は、第6条が加えられた。

第1条 あらゆる正業の価値の認識を促進し、且つ各会員の職業を社会に奉仕する機会を与えられたものとして、その社会的評価を高めること。
第2条 企業と専門職業の高度な倫理基準を奨励すること。
第3条 改良されたアイディアと企業経営の方法を開発することによって各会員の実力を増大させること。
第4条 各会員の願望を促進し、これを同僚や社会全体に奉仕したらしめること。
第5条 顧客の教育を奉仕の機会及び成功への手段として促進すること。
第6条 各会員の属する地域社会の公共の福祉に関し各会員がもっと関心を高め、且つ公共的、社会的、商工業的発展において他の者と協調すること。

 次いで、1918年カンサス・シティ大会ではクラブの綱領の改定はおこなわれず、国際ロータリークラブ連合会の綱領中に1915年の各クラブの綱領を挿入する努力がみられ、その綱領は次ぎのように書き替えられました。

第1条 世界中の全ての商業中心地にロータリークラブの結成を奨励、推進、且つ監督すること。
第2条 地方的活動を除き、全ての加盟ロータリークラブの業務や活動を同格化、標準化し、且つ一般的な指導をなすこと。
第3条 自己の活動により、また、加盟ロータリークラブの媒介によって次ぎの事項を奨励育成すること。
(イ)職業上の高い道徳的倫理的基準
(ロ)価値ある事業の基盤としての奉仕の理想 (ハ)市・商業・社会及びその地域社会の道徳的福祉における各ロータリアンの活発なる関心br> (ニ)奉仕機会と同時に成功への援助としての広範なる知り合いの発展
(ホ)ロータリアンの能率及び価値増進の媒体として意見と商業取引の方法を交換
(ヘ)全ての合法的職業の価値についての認識と社会への奉仕の機会を与えるものとして各ロータリアンの職業の神聖化
第4条 全ロータリアンの独占使用と利益のための国際ロータリーの徴章、襟章、また他の紋章を造り、これを採用し且つ保有すること。

 この改正によって、ロータリーの職業奉仕を明確にし、ロータリーの徴章を設定することが決定しました。
1919年のソルトレイクシティにおける国際大会では、国際ロータリー連合会の綱領を変えたわけではありませんが、その第3項の文句をそのまま第2条の目的のところにもっていきました。
1921年のエジンバラ大会で第4の綱領を第5とし、新たに第4の綱領を採択しました。

第4条 奉仕というロータリーの理想に結束した全ての国の職業人の交友を通じて国際平和と善意に助力すること。

 ここで初めて、公然とロータリー活動の中に国際平和と善意の向上に努力することを取り入れたのであります。
1922年に国際ロータリー連合会は国際ロータリーと改称され、国際ロータリー定款もクラブ定款も同一綱領を定めることになりました。そして、この時以降設立される各ロータリークラブは標準クラブ定款の採択を義務づけられました。また綱領は次のように改正されました。

 ロータリーの綱領は次ぎの事項を奨励且つ育成するにある。

第1条 全ての価値ある企業の基盤としての奉仕の理想
第2条 職業上の高い道徳的基準
第3条 各ロータリアンによるその個人、職業及び地域社会生活に奉仕の理想を適用
第4条 奉仕の機会としての知り合いの展開
第5条 社会に奉仕する機会として、全ての有用な職業の価値を認め、且つロータリアンによる自己職業の品格化
第6条 奉仕というロータリーの理想に結束した職業人の世界的友好により理解、親善及び国際的平和の増進

 この大会において、これまで模範的定款と称していたものを標準定款と定め、クラブの綱領にも同一文句を採用することとし、前置文の「ロータリーの綱領は次ぎの事項を奨励且つ育成する」とあるのを「次ぎの事項を奨励且つ育成する」と置き換えることにしました。

 1927年のオステンド大会において綱領第6条にあるロータリーという言葉を削除しました。したがって、綱領の第6条は「奉仕の理想に結束した職業人の世界的友好により理解、善意及び国際的平和の増進」と変わりました。
1935年のメキシコシティ大会で、6項目にわたる綱領は4項目に圧縮されました。そして、ロータリーの綱領と企画との間の直接的な関係を示すことになる4つの綱領として書き直されたのです。以前に制定した6つのものを、意味は大体同じで単に4つに集約されただけです。

 The Object of Rotary is to encourage and foster the ideal ofservice as a basis of worthy enterprise and, in particular, toencourage and foster:
First. The development of acquaintance as an opportunity forservice;
Second. High ethical standards in business and professions; the recognition of the worthi???花?????????ness of all useful occupations;and the dignifying of each Rotarian's occupation as anopportunity to serve society;
Third. The application of the ideal of service in eachRotarian's personal,business and community life;
Fourth. The advancement of international understanding,goodwill, and peace through a world fellowship of business and professional persons united in the ideal of service.

ロータリーの綱領は、有益な事業の基礎として奉仕の理想を鼓吹し、これを育成し、特に次の各項を鼓吹育成することにある。
第1 奉仕の機会として知り合いを広めること。
第2 事業及び専門業務の道徳的水準を高めること。あらゆる有用な業務は尊重されるべきであるという認識を深めること。そしてロータリアン各自が、業務を通じて社会に奉仕するために、その業務を品位あらしめること。
第3 ロータリアン全てが、その個人生活、事業生活及び社会生活に常に奉仕の理想を適用すること。
第4 奉仕の理想に結ばれた、事業と専門職務に携わる人の世界的親交によって、国際間の理解と親善と平和を推進すること。

 これが今日用いられている国際ロータリー及びクラブ定款にあるロータリーの綱領で、本文と4つの補強原則から成り立っています。ここで、今日の綱領について詳しく解説しておきます。

 まず本文ですが、企業の根底に通常は儲けを置くところですが、そこに奉仕を置くところが中心概念となります。企業組織体の目的は儲けです。ロータリーはこれを否定しません。ロータリーは儲けの金高を問題にしていません。それよりもロータリーはどのように儲けたのかが大事になってくるのです。ロータリーの奉仕という概念は第7章でも詳しく述べましたので、ここでは割愛させていただきます。

 綱領補強原則第1「奉仕の機会として知り合いを広めること」とありますが、その持つ意味は生易しいものではありません。「心の友を得、もって奉仕の契機となすべきこと」と訳した方がわかりやすいのではないでしょうか。

 ロータリークラブには、同業者排除の原則、言い換えれば一業一会員制と例会出席強制の原則、すなわち週1回の例会出席の義務、この二つがロータリークラブの核になる基本原則です。その一業一会員制で選ばれた代表的な職業人が、その良質な思考と良質な心を持って週1回の例会に集まり、親睦のうちに相和し友愛と信頼を深め、心の友を得ると同時に奉仕の心を養いあげて、世のため人のためにというのがロータリー発想の原理的なパターンです。このことが、心の友を得、奉仕の契機となすべきことにあたります。もう少し掘り下げて、良質な思考、良質な心とは一体どんな思考、どんな心でしょうか。

 ロータリアンはそれぞれ異なった業種を持つ職業人です。そのロータリアンが、企業経営に専念することによって、いろいろな悩み、苦しみ、試行錯誤を重ねながら、自己の職業について信念と企業経営哲学を持つにいたります。同業者排除の原則によって、同業者にじゃまされることなく、開放的にそれぞれの他の職業人とその思考、心の交換がされます。それによって自己の企業を高め、企業の根底に奉仕を置くべしとする職業のあるべき姿を見いだすことができるのです。いうまでもなく思考、心の交換は例会出席によってなされます。互いの心を磨き、心の向上に役立ち、奉仕の契機になること、これがロータリーの親睦です。そしてこれが、綱領の補強原則第一になっています。

 綱領の補強原則第2項は、次の3つの部分からなっています。
@互いに衆知を集めて企業の倫理的基準を高め???花?????????ること。
A各職業は尊重されるべきであるという認識を深めること。
B各自が職業を通じて社会に奉仕するため、職業を品位あらしめること。
 まずB項から説明いたしますと、「自己の職業をもって天職と心得るべきこと」と言い換えることができます。天職という言葉には若干宗教的な響きがありますが、ここでいう天職とは、自分の私利私欲のためだけに企業経営をするのではなく、世のため人のためにもしているのだという自覚を持つこと、そうすることによって誇りが生まれてきて、企業経営に品格がでてきます。このことが自己の職業をもって天職と心得るべきことになります。
 Aの項は、「職業に貴賤なしとの自覚を深めること」とした方が理解しやすいと思います。自分の職業は自分にとって天職であり、相手の職業は相手にとって天職です。天職と天職の間に価値の相違があるはずがありません。
 どんな職業にも私的利潤を追求すると同時に、世のため人のためになる契機をはらんでいます。そういう自覚を持てば、いかなる職業間にも上下の区別はありません。すなわち職業に貴賤なしということです。
 @の項は、補強原則第1で述べた親睦論と連結関係になっていますのであえて説明するまでもないでしょう。

 以上第2項をまとめてみますと、自己の職業を自己の私的利潤追求の手段だけでなく、世のため人にためにも行っているという自覚とあわせて、社会的責任をも自覚し、職業を天職(自分の職業も他人の職業も全て天職)と考え、その天職と天職の間に貴賤なしとの認識を深め、そのような職業人が例会に集まり、親睦の中に心を磨き、相切磋琢磨することにより、企業の倫理的基準を高めていくことです。

 補強原則第3は、ロータリー実践一般に関する原則です。補強原則第1、第2で心ができあがったら、その心をもって全ての生活で実践しなさいとこの項ではいっています。すなわち奉仕の実践です。ロータリアン一人一人がその家族生活、職業生活、地域社会生活に奉仕の心を実践するよういっています。ロータリーでは理念なき実践は奉仕の実践とはいいません。ロータリーの根本精神は奉仕の理想にあります。したがって、この奉仕の理想は我々の一切の生活の中に顕現されなければなりません。すなわち、一切の生活の中に奉仕の理想が適用されるというよりは、一切の生活が奉仕の理想の中に没入している姿が理想的です。奉仕の理想の中に、個人生活も職業生活も地域社会生活も没入すればよいのです。自分の心を奉仕という水の中にどっぷりとつけて、寝ても覚めても奉仕奉仕といわなくても、心が全てその状態になっていれば、自分の行動が全部奉仕の実践につながるのです。

 最後に第4項ですが、これはまさしく国際奉仕に関する実践を著しています。コミュニティサービスを拡大していくことによって、終着点は全世界ということになります。すなわち、ロータリーの奉仕の哲学をつきつめていくと、人類平等の思想を広め、戦争再発を防止し、人類の平和と繁栄とに資するという大変重要な要素を自覚するにいたります。
ここで綱領というのは、国際ロータリー及びロータリークラブ定款第3条に示す原語のObjectのことです。このObjectの訳語についてはいろいろな意見がありましたが、あらゆる事情を考慮した結果、綱領ということになりました。また、綱領という言葉の原語Objectは従来複数で、Objectsとなっていましたが、1951年のアトランティック大会においてObjectと単数に定められました。すなわち、ロータリー綱領は奉仕の理想の普及においてその手段として、クラブ奉仕、職業奉仕、社会奉仕および国際奉仕の四つの部門に分かれていますが、あくまでもその心は奉仕の理想一つであるという意味からです。


↑概論トップ  
←BACK"奉仕の拡大 -国際奉仕- "
 
Copyright (C) 2006-2015 Awaji Chuo Rotary Club All Rights Rserved.